• Home インプラントの種類

インプラントの種類

インプラントと一口に言っても様々な種類があり、世界中に100種類以上、日本国内でも30種類以上あります。それぞれ構造や形状、材質や特徴が異なるため、自分にあった種類を選ぶことが重要となります。

構造の違いでは「2ピースタイプ」と「1ピースタイプ」に分類されます。
「2ピースタイプ」は人工歯根(インプラント体)とアバットメント(人工歯根と人工歯を連結する部品)をネジで連結するのに対し、「1ピースタイプ」は人工歯根とアバットメントが予めくっ付いているタイプです。「1ピースタイプ」ではアバットメントに不具合が発生した際には人工歯根ごと取り外す必要があります。

形状の違いでは、ネジ型で先端に行くほど細くて埋め込み穴が小さく、噛む力の伝導力に優れた「スクリューラインタイプ」、円筒形で表面が平ら、ネジの螺旋が無く簡単に埋め込みができるが初期固定が弱い「シリンダータイプ」、円筒形だがネジ山があり、噛む力の伝導力に優れた「スクリューシリンダータイプ」、スクリューかシリンダー状のインプラントを顎の骨に埋め込む「ルートフォームタイプ」などがあります。

素材の違いでは、骨と結合しやすい「純チタン」や「チタン合金」、純チタンやチタン合金よりは結合性が弱いながらも形状の自由度や形状記憶に優れた「チタン・ニッケル合金」があります。

実際に使用するインプラントはメーカーによって規格が異なるため、通院できなくなった場合のことを想定し、使用したインプラントのメーカー名や種類をメモしておくことをおすすめします。またあまり一般に普及していない商品を使用すると、メンテナンスなどが難しい場合もあるので、できるだけ普及率の高い商品を使用するようにしましょう。