• Home メンテナンスの重要性

メンテナンスの重要性

自分の歯のように食べ物が噛め、さらに自然で美しい見た目が特徴のインプラントですが、施術が完了したからといって治療が終わったことにはなりません。インプラント治療は施術後のメンテナンスこそが重要とされています。

インプラントは人工歯であるため、自分の歯のように虫歯になるリスクはありません。ただし歯磨きが不十分な場合や口内に食べかすが残っていると細菌の塊である「プラーク」が発生し、インプラントの周りの歯茎や骨に「インプラント周囲炎」という炎症を引き起こすリスクがあります。
インプラント周囲炎を放置した場合や定期的な噛み合わせの調整を怠った場合にはインプラントに負担がかかり、最悪の場合抜け落ちることもあります。その為、治療後は年に1~2回ほどのメンテナンスを行いましょう。

インプラントのメンテナンス内容としては、まず初めに歯や歯茎、粘膜の状態を確認して炎症や汚れがないかチェックします。この際に人工歯をい取り外してインプラントに損傷が無いか確認します。
次に歯全体の噛み合せを確認します。噛み合わせのバランスが悪い場合は人工歯を削り微調整を行います。
次にレントゲン撮影を行い、インプラント周囲の骨や天然歯や周囲の骨の状態をチェックします。
次にプラークや歯石などを落とし、歯周病やインプラント周囲炎の予防を行います。
最後に、歯に汚れが多い場合にはブラッシング指導を行います。歯の磨き方や食生活に問題がないか確認し、歯科衛生士から正しいブラッシング方法などを指導してもらいます。

インプラントは正しくメンテナンスを行えば長く保つことができるので、メンテナンスの重要性をしっかり理解した上で治療を行うようにしましょう。