• Home インプラントとは

インプラントとは

審美歯科技術が発展した現代において、自分の歯がなくなってしまった場合でもインプラントの施術を行うことで美しい歯を取り戻すことができます。人工歯を埋め込むインプラント治療は需要の高まりと共に技術も発展し、様々な種類のインプラントの中から自分にピッタリの施術方法が選べるようになりました。
ここではインプラント治療を受ける前に知っておきたい基礎知識について説明します。

インプラント治療は、歯が欠けたり溶けたりして失った部分に人工歯根を歯の下の骨の中に埋め込む施術方法です。インプラント治療はインプラント本体を骨に埋め込む「一次手術」、骨と結合後に行う「二次手術」、アバットメント(支台)の取り付け、人工歯の取り付けといった流れで行います。

一次手術から人工歯の取り付け完了までには様々な工程を経るため、治療が完了するまで早くて2ヵ月、平均して6ヶ月、長い場合は1年ほどかかります。インプラント治療には、自分の歯と同じように食べ物を噛める、入れ歯とは異なり見た目が自然でキレイ、施術時に隣の歯を削る必要が無い、施術の失敗率が低く長持ちする、他の歯への負担が減り歯全体の健康寿命が延びる、といったメリットがあります。
ただしインプラント治療には保険が適用されないため治療費が高く感じますが、入れ歯の場合は定期的なメンテナンスで直す必要があり、トータルコストでいうとインプラントのほうがコストを抑えることができます。

この他にもインプラント治療を行ううえで知っておきたい「インプラントの種類」や「メンテナンスの重要性」に関して別頁に纏めました。インプラント治療をお考えの方はそちらもチェックしてみて下さい。